毛皮買取おすすめ|毛皮を高く売るお店ガイド

毛皮買取おすすめ|毛皮を高く売るお店ガイド

毛皮買取お店でお困りではないですか?
もしあなたが毛皮を売るつもりなら、なるべく高いお店の見つけ方をご紹介します!
実は私も、何度か買取したのですが、近くのリサイクルショップに持っていくと、査定金額は500円とか1000円程度の買取にしかならないのです。

(もともとは15年前に母が購入したミンクの毛皮です)

 

今は毛皮を着る人がいない為、査定金額は下がってしまうのですが、近くのお店よりも高く売れるお店があります。
もちろん、高く売るのは難しいかと思いますが、どうすれば少しでも高く売ることができるのか、気持ち良く毛皮を売るためのコツをまとめてみました。

 

 

毛皮買取で損をするパターンはこれ

まず、毛皮買取でありがちな、損をするパターンについてお伝えしておきます。

損するパターン① 近くのリサイクルショップへ持ち込む

毛皮買取おすすめ|毛皮を高く売るお店ガイド

はじめにもお話ししましたが、近くのリサイクルショップで買取すると、安い金額にしかならないです。
リサイクルショップは、洋服や日用品を買取するお店です。
毛皮を持っていっても、知識のある査定員はいないので、査定料金が低くなり、買取が安くなります。

損するパターン② 査定を1つのお店でお願いし、そのまま買取してしまう。

お近くの質屋さんに持ち込んでも、高値で買ってくれるとは限りません。
時間と手間は多少かかりますが、色々な買取ショップで査定をしてもらうのは重要なポイントです。
私もはじめに、毛皮を査定に出したときは「今は着る人がいないので、1000円ですね。」と言われました。

 

1000円ではあまりにも残念だったので、「他のお店をいろいろ回ってきます」と言ったところ「うちのお店よりも、高いところがあったらもう一度来てください!それよりも高く買い取ります」
と、言ってきたのです。

 

質屋のおじさんは「その時はお願いします。」と、言ったのですが、

 

その後近くの下取り店を回ってみたところ、2000円で買取してくれるお店がありました。

 

これは当たり前ですが、1つのお店の査定額だと、高い買取額かどうかわかりません。

出来れば2店、3店で査定して貰い、一番高い買取のお店で売るとよいでしょう。

 

損するパターン③ 毛皮の知識が全くないまま買取に出す

毛皮買取おすすめ|毛皮を高く売るお店ガイド

「売ってしまうので、毛皮について知らなくても」と思われるかもしれませんが、少しでも良い価格で買取してもらうためには、ある程度知識を持っている方が、有利に話しが進められます。

 

また、買取業者が必ずしも良心的であるとは限りません。

 

騙されないためには、毛皮の種類(セーブル・チンチラ・ミンク・フォックスなど)と、それらの買取価格の相場は、知っておくと良いです。

 

【毛皮買取の市場相場について】

 

買取の市場相場は一概に言えるものではなく、先ほどのブランドや品質、状態で大きく変動します。

 

また、買取時期やその時の流行にも左右されるものなので、とても流動的です。
また高級な毛皮でも、状態が悪ければ市場相場以下の価格になることも多いので、その点は注意が必要です。

 

ここではブランド品・ノーブランド品に関わらず、一般的な買取相場をご紹介しておきます。毛皮の中でも需要があるものをご紹介します!

 

〇ミンクコートの相場

毛皮買取おすすめ|毛皮を高く売るお店ガイド

サガミンクのハーフコートの買取 1000円~30000円程度
ミンクの毛皮の中でも、サガミンク、アメリカンウルトラ、フェンディなどのブランドは人気があり、買取価格も高いです。


ミンクは耐久性に優れた毛皮ですが、経年劣化で変色や硬化は起きてしまいますので、着なくなった毛皮は早めに売ることをオススメします。



・ロングコート 10000円~50000円程度

・小物類    5000円~20000円程度


〇ロシアンセーブルの相場

毛皮買取おすすめ|毛皮を高く売るお店ガイド

ロシアンセーブルのロングコートの買取 10000円~300000円程度
セーブルは毛足が長く、柔らかい毛並みが特徴。茶色~ベージュ色で光沢があり、ロシアで生産されたセーブルは「ロシアンセーブル」とも呼ばれ、とても人気があります。
・ハーフコートの買取 10000円~100000円程度

・小物類の買取    5000円~60000円程度


〇チンチラの相場

毛皮買取おすすめ|毛皮を高く売るお店ガイド

チンチラのハーフコートの買取 10000円~100000円程度
ふわっふわで滑らかな肌触りが特徴のチンチラですが、汚れに弱いため傷みやすく手入れが難しいのが難点。着なくなったら早めに売却した方が、高く買い取ってもらえるでしょう。
・ロングコートの買取 10000円~200000円程度

・小物類の買取    5000円~50000円程度


〇フォックスの相場

毛皮買取おすすめ|毛皮を高く売るお店ガイド

フォックスロングコートの買取 5000円~40000円程度
色によって買取価格に差が出るのがフォックスです。希少価値の高い色のフォックスが眠っていたら、かなりの高額買取になる可能性も。着ないフォックスは一度査定してみて下さい。
・ハーフコートの買取 1000円~20000円程度

・小物類の買取    1000円~10000円程度

 

ある程度の知識を持っていれば、極端な業者(有名ブランドのロシアンセーブルのコートが10000円など)に騙されて損をすることはなくなるでしょう。

 

そうでないと、査定額に違和感を覚えることができないので、結果的に損をすることになりかねません。

 

損するパターンを3つご紹介してみました。

 

これらは、よくある毛皮買取の落とし穴だと思います。
損をしないためには、これらのパターンに陥らないことが大切になります。

 

これで毛皮が高く売れた!

毛皮買取おすすめ|毛皮を高く売るお店ガイド

 

買取して貰うなら間違いなくネットのほうが高く買い取って貰えます。

 

これは後から気付いたことなんですが、別の毛皮を売ったとき、ネットの買取ショップでお願いしたところ、
一流の毛皮買取査定師がチェックしてくれたので、ミンクのコートが55,000円で売ることが出来ました。

 

セーブルコート
極上のセーブルコート

ショール
毛皮のショール

古いコート
デザインが古いコート

珍しいヌートリア
極上のセーブルコート

美品の毛皮の帽子
美品の毛皮の帽子

ミンクのロングコート
ミンクのロングコート

 

肩パットがないロングコート
サイズが大き目ミンクベスト
タグがとれかかっているショール
脇がほつれているショートコート
汚れているクロスミンクファーのボレロ
カビが入ってしまった毛皮の帽子
裏地に穴があいているフォックスのコート
臭いがついてしまった毛皮ストール

どの商品でも買取してもらえます!

 

毛皮買取で損をしないためには

満足のいく価格で買い取ってもらうには、次のことに気を付けてみてください。

 

①毛皮買取を専門としているショップで売る

②複数の買取ショップで査定してもらう

(無料で査定してもらえるショップで)

③売ろうとしている毛皮についての知識を下調べしておく

 

この3つに気を付けるだけで、お手持ちの毛皮をより高値で売ることができます!

 

③は毛皮の知識なので最後にお伝えするとして、まずはこの条件に合った買取ショップをランキングでご紹介します。

 

 

 

【厳選】おすすめ毛皮買取ショップランキング

 

1位:福ちゃん

毛皮買取おすすめ|毛皮を高く売るお店ガイド

 

福ちゃんの特徴
◇無料電話相談
◇日本全国対応
◇365日・24時間受付
◇line(ライン)問い合わせ可能
◇業界最高クラスのセキュリティ

 

選べる買取方法
◇出張買取
◇宅配買取
◇店舗買取

 

サービス
◇見積り無料
◇出張費無料
◇査定費無料
◇キャンセル料無料
◇手数料無料

 

支払方法
◇出張・店舗買取の場合は即日現金支払い

 

実際に福ちゃんを利用した方の口コミ

 

【千葉県 40代女性】

処分を考えていた毛皮のコートを買い取ってもらいました。

バブル時代に買った毛皮のコートやムートンジャケットが5着あったのですが、デザインも古く、好みも変わり、着ることもなさそうなので処分を考えていました。ネットで毛皮を買取ってもらえる会社があるということを知り、福ちゃんに決めました。電話1本で「すぐに自宅に伺わせていただきます!」と査定に来てくれ、わざわざ店頭に持っていくこともなく助かりました。買取額も思っていた以上に高くて本当によかったです。今度また利用しようと思います。

 

【兵庫県 50代女性】
以前、ミンク(ブラックグラマ)のコートを母から譲ってもらったのですが、もう着ないと思い査定をお願いしました。劣化していたので売れるのか不安だったので、スマホでline問い合わせしたところ「大丈夫です!」と気持ちの良い対応で納得して売ることができました。コートの他にもマフラーやストールなども売れたので、新しくジュエリーを購入しちゃいました!

 

福ちゃん公式サイトはコチラから

 

福ちゃんの毛皮買取をもっと詳しく

 

2位:バイセル

毛皮買取おすすめ|毛皮を高く売るお店ガイド

 

バイセルの特徴
◇無料電話相談
◇最短30分で訪問
◇日本全国対応
◇24時間受付
◇lineで事前査定できる

 

選べる買取方法
◇出張買取
◇宅配買取
◇店舗買取(東京都千代田区有楽町・神奈川県横浜市・愛知県名古屋市)

 

サービス

◇見積り無料
◇出張費無料
◇査定費無料
◇キャンセル料無料
◇手数料無料

 

支払方法
◇出張・店舗買取の場合は即日現金支払い

 

実際にバイセルを利用した方の口コミ

 

【東京都 50代男性】

実家の遺品整理で出てきた毛皮と骨董品を買取してもらいました。ついでに自分が若い頃に流行した金のネックレスも一緒に査定。どうせ使わないものですし、予想よりも高値で満足しています。ありがとうございました。

 

【北海道 50代女性】
劣化が原因で他社で断られたラムの毛皮。私の地域は買取店が少なくて困っていたのですが、そんなエリアでも対応して頂けて嬉しかったです。個人情報保護も徹底していて安心してお願いできました。また機会がありましたら、是非お任せしたいお店です。

 

バイセル公式サイトはコチラから

 

バイセルの毛皮買取をもっと詳しく

 

3位:買取プレミアム

毛皮買取おすすめ|毛皮を高く売るお店ガイド

 

買取プレミアムの特徴
◇無料電話相談
◇日本全国対応
◇女性査定員在籍

 

選べる買取方法
◇出張買取
◇宅配買取
◇店舗買取 

 

サービス
◇見積り無料
◇出張費無料
◇査定費無料
◇キャンセル料無料
◇手数料無料

 

支払方法
出張・店舗買取の場合は即日現金支払い

 

実際に買取プレミアムを利用した方の口コミ

 

【福岡県 70代女性】

自宅での査定は初めてだったので緊張しましたが、女性のスタッフさんが来てくれたので安心してお願いできました。古くて変色し、汚れていたラクーンの毛皮が押し入れに眠っていたので査定してみると、なんと売却できたので驚きました。バッグなどの小物もまとめてお願いしました。

 

【宮城県 40代女性】

バブル時代に購入したsagaのジャケット。ほとんど着用していなかったせいか状態が良かったので、期待していたより高く売ることができました。一緒に祖父が集めていた切手やお酒も売れたのは予想外に嬉しかったです。

 

買取プレミアム公式サイトはコチラから

 

買取プレミアムの毛皮買取をもっと詳しく

 

毛皮買取で知っておきたい知識

 

冒頭で「売る側も毛皮に関する知識があった方が得」だとご説明しました。

 

そこで、一般的な毛皮買取に関する知識をいくつかご紹介しておきます。
お手持ちの毛皮に当てはまるところは参考にしてみてください。

 

毛皮買取で知っておきたい知識①

【毛皮の種類について】

ミンク
世界的にメジャーで、人気も高く「毛皮の女王」とも呼ばれます。
ミンクの毛皮は歴史上最古の衣類と言われています。しかし、今市場ではミンクをはじめ希少毛皮は流通量が大変少なくっています。

 

ミンクはカワウソによく似たイタチ科の動物です。北アメリカが原産で世界中で毛皮として人気があります。

 

生産には非常に手間がかかり、婦人用コート一着を作るためには30頭ものミンクが必要であるといわれています。

 

ミンクの特徴

 

ミンクの特徴は非常に密度の高い綿毛にあります。保温性に優れているだけでなく非常に丈夫な素材です。
歴史をさかのぼると、ミンクは特権階級のためのものとされ、フランスのフィリップ王は中産階級の婦人がミンクを使うことを禁止しました。

 

養殖の歴史は、毛皮生産の歴史の中でも古く、19世紀末ごろから始まっています。

 

ミンクの歴史

 

日本でのミンクの歴史は、1928年に北海道に毛皮をとる目的で持ち込まれたものが始まりです。

 

ミンク人気の皮切りは1959年のミッチーブームであると言われいてます。

 

その年、皇太子明仁親王・正田美智子婚約のおりに美智子様が身に着けたミンクのストールが女性たちの心をつかみ、歴史的な一大ムーブメントになりました。

 

定着した人気は、更に新しい技術を生み出します。

 

それまでは暗褐色一色だったミンクでしたが、染色技術が発展したことで新しい様々な色の毛皮が販売されるようになりました。

 

また品種改良によって今までのミンク生産の歴史にないものまで生み出されるようになり、デザイン性の高さから更に人気に拍車がかかりました。

 

ミンクの特徴

 

毛皮のコートといえば、色々あります。フォックスやラビット、セーブル、チンチラなどなど。

 

しかし誰もが知っている高級品といえば、ミンクではないでしょうか?

 

名前は知っているけれど、その特徴はというと正確に答えられる人は少ないかも知れません。その特徴について確認していきます。

 

ミンク毛皮の特徴は美しさと機能性です。

 

まずミンクの毛の色ですが、濃褐色を基本として様々な色があるのが特徴です。

 

プラチナ、バイオレット、サファイア、パステル、ホワイトなど宝石の様な名前で毛の色ごとに呼ばれます。

 

毛皮をとる事を目的に養殖されたイタチの中で1930年代に突然変異を起こして以来、様々な色の毛がつくれるようになったと言われています。

 

また元の色に染色する技術も進んでいて現在では40色は作られていると言われています。

 

次にミンクの特徴として、毛の質です。毛は短く綿毛が密生していて、保温性、保湿性、放湿性にすぐれています。差し毛は光沢があって耐久性に優れます。

 

また皮は薄くて丈夫、縫製にも適しているのが特徴です。

 

ミンクの魅力とお手入れ

 

ミンクは、宝石にたとえられる美しい質感と色合いを多彩にもちながら、実に実用的であるのが特徴です。

 

ミンクの皮は薄くて軽く、非常に丈夫です。その特徴をいかして複雑な縫製を施す事も可能です。

 

また毛足は短いのに綿毛が密集していてとにかく温かいのも特徴です。美しい光沢と手触りもまた魅力です。

 

そして、ミンクはオスとメスで毛質が異なります。オスは艶があり刺毛が長く、大型です。襟やストールに向いています。

 

メスは皮が薄くやわらかで、しなやかさがありコートに向くと言われます。いずれも耐久性にすぐれています。

 

お手入れですが、保管は湿気を少なくして、埃よけカバーをつけます。
着用後はコートを逆さにして埃を落とす位で十分です。ハンガーは太めの木製がおすすめです。

 

セーブル
一般に「最高級品」と言われ、非常に人気がある。「毛皮の王様」とも言われます。
セーブルの中にも「ロシアンセーブル」や「カナディアンセーブル」などの品種があります。

 

セーブルが人間にファッションとして評価され始めたのはかなり古い時代からと言われています。

 

日本に置いては、聖武天皇の頃に中国よりおくられた貢物の中にセーブルがあった歴史があります。

 

平安時代には高級な毛皮として認知がされ、皇族貴族に愛用者が存在しました。
現在の中国の満州あたりからロシアの沿岸地方や朝鮮半島の北部にかけて698年から926年まで栄えた大国である渤海から多く輸入がされていた歴史が残っています。

 

これが近代になり渤海をかつての地とする清朝で日本と同じくして皇族などの高貴な位にある人々から愛されました。
また日本には江戸時代にアイヌを介して交易品として輸入がされ、セーブルの価値を知ったアイヌ達の樺太や沿海州への進出のきっかけとなった歴史があります。

 

セーブルのヨーロッパの国々での歴史
セーブルは現在のアジア周辺のみならず、ヨーロッパの人々にも服飾品として非常に愛された歴史があります。

 

イングランド王のヘンリー8世はブラックカラーの毛皮を身に着けることを皇族のみに許し、セーブルに関しては子爵以下の位の者には着用を禁じるなど、高貴の印として愛したとされます。

 

また同じ頃ユーラシア大陸北部を広範囲に支配した帝政ロシアのシベリアへの本格進出によって、18世紀に至る頃にはヨーロッパ全土へ広くセーブルの価値が知られました。

 

ヨーロッパの国々へ輸出されたセーブルは貴族を中心に愛用され、東方征服を成功させたロシアの歴史が東方に生息するクロテンの乱獲に繋がった歴史ともなりました。

 

シベリア産のセーブルは現在でもしなやかな毛質を持つ最高級品として多くの人に愛されています。

 

セーブルの日本の歴史
日本におけるセーブルの歴史は、平安時代にまでさかのぼります。交易品として日本に持ち込まれたセーブルは、貴族に好まれました。

 

近代に入っても、交易品として狩猟が続けられました。北海道では乱獲が懸念されたため、1920年に狩猟が禁止となりました。

 

ですが、もともと北海道のエゾクロテンは毛色がロシアンセーブルほどの特徴をもたなかったため、品質としては劣るものとして見られていました。

 

海外では帝政ロシアの頃にセーブルの生産がすすみました。

 

ロシアの東征につれて、セーブルの捕獲場所も東へと拡大していきます。セーブルの毛が密である特徴は、シベリアでの過酷な環境を耐える装備として優秀であったことに加え、重要な輸出品でもあったためです。

 

セーブル毛皮の特徴と種類
セーブルは濡れたような美しいツヤだけでなく抜群の保温力を持っている、美観と機能を併せ持った特徴を持った毛皮です。

 

セーブルの毛色や質は生息場所や個体によってかなり変化します。

 

一般に、青味のあるこげ茶色が濃い程に価値が高くなり、ロシアンセーブルと呼ばれる最高級品はこの特徴が顕著です。

 

マーテンと呼ばれるアメリカやカナダで生産されたものは、品質的にロシアンセーブルよりも劣るとされています。

 

セーブルの中でも、白い刺毛が輝くように入った特徴を持つものは、シルパリータイプと呼ばれていて、とても希少価値があります。

 

セーブルの価値
セーブルはその特徴に応じて、市場では15段階に分類されます。

 

中にはロシアンセーブルがもつ特徴の青さを持った黒褐色に染色されているものもあるため、見分けは容易ではありません。

 

そのため本物を手に入れるためには専門業者の目を借りることが必要になります。

 

ですが今は毛皮は取引への規制が増えているためとても品薄な状態が続いています。

 

そのため中古市場がとてもにぎわっています。 セーブルの最大の特徴は時代を超えてあらゆる人に愛されるということです。

 

セーブル毛皮は今もセレブな方々に愛される貴重品です。不要なセーブルをお持ちなら今が売り時かもしれません。

 

チンチラ
高価な毛皮の一つです。黒から白へのグラデーションになっているものが多いです。

 

チンチラの歴史
愛らしい見た目と豊かな毛皮を持つチンチラは、捕獲しやすさも相まって、人間たちの乱獲によって絶滅の危機にまで追われた歴史を持ちます。なぜそのような歴史を辿ったのか、チンチラの生態から確認することができます。

 

チンチラは南米チリに生息する動物であり、比較的標高の高い山間部に生息域が限られています。

 

チンチラと人間が関わるようになった歴史の始まりは、1300年頃と考えられています。

 

現在のチリに住む部族が、土地を巡る争いに負けて山間部へ定住したことに始まり、その肉を食用、毛皮を衣服などに用いていたと言われています。

 

それ以前の歴史は、狩猟や農耕を営む小さな部族といった単位で成り立っていました。

 

このため当時はあくまでも生きていくために狩り、その肉と毛皮を余すところなく有効に用いるという文化の上にありました。

 

チンチラの毛皮を価値あるものとして見るようになったのは、人類の文化が進み、歴史が中世の時代に差し掛かってからのことです。

 

 

人間社会の発展と反比例して生息数を減らしていったチンチラたち。
1800年以降はその毛皮が貿易の品物として世界中に出回りましたが、やがて人間が、自然環境を顧みない乱獲の歴史を恥じたことから、現在においては毛皮動物の飼育や毛皮の販売に規制をかけるようになっています。

 

かろうじてチンチラは歴史上の存在となりませんでしたが、未だに高い価値があるとして密漁を行う人間がいることも事実です。

 

2000年代に入ってからはチンチラを初めとする動物の毛皮を身に付けることを忌避する著名人も増え、精巧に似せた毛皮を用いる運動も世界各地で起きるほどです。

 

このため、古い時代の毛皮は歴史的に貴重なものとして貴重なものになっています。

 

チンチラの特徴
リサイクル市場は年々リユースの観点から毛皮の需要が高まってきています。そこで、注目されているチンチラの特徴について紹介していきます。

 

チンチラは1300年ごろに現在のチリ北部である南米の海岸に生息していたチャンチャと呼ばれる部族が、高地にいる動物を捕まえて食用にしていたことに端を発している特徴があります。

 

そして、その中にチンチラがいて特徴的な毛並みをしていたため、毛皮や衣服や寝具などに用いたことがきっかけになっています。

 

チンチラは柔らかくて丈夫な毛を持っているという特徴になっています。
毛皮の中でも抜群の肌触りを持っていて、高価な素材の一つであります。

 

そして、綿毛のみで構成されているため、毛の密度が非常に高くなっています。背の部分が青黒色から黒褐色で、お腹の部分は青灰色です。

 

チンチラの査定で見るポイント
チンチラの査定のポイントは、状態がしっかりしているかどうかが特徴になってきます。
色落ちをしていないか、経年劣化でほつれが出ていないかなどを見ていきます。

 

そのため、定期的な丁寧なお手入れをしっかりして品質を保っておくことを強くお勧めしていきます。
もちろん、チンチラ特有のうっとりするようななめらかな手触りも保管状態次第となります。

 

 

フォックス
カラーが豊富で色々な表情があります。ボリューム感があるのでゴージャスに見えるが、比較的安価なものが多いです。

 

フォックスの歴史
フォックスは日本のほかアジアやヨーロッパなどに広く生息しています。

 

このため人類の歴史が始まる以前から毛皮が利用されていたと考えられます。

 

人類は氷河期には寒さを凌ぐためにフォックスの毛皮を身にまとっていました。 中世のヨーロッパではフォックスの毛皮はその豪華な質感が尊ばれて、財宝として取り扱われます。

 

歴史的にはフォックスの毛皮は主に貴族が使用するものとされていました。 高値で取引されるため、ロシア帝国ではフォックスの毛皮は外貨獲得の重要な手段ともなっていました。

 

16世紀以降にロシア帝国がシベリアに進出したのは毛皮を手に入れるためでもあったのです。毛皮がロシアの歴史を動かしていたと言うこともできるでしょう。

 

フォックスの日本における歴史
日本にもフォックスは生息しているので古くから毛皮が利用されてきた歴史があります。

 

ただ、日本はヨーロッパほど寒冷でないのでフォックスの毛皮で寒さを凌ぐ必要は乏しく、一般にはそれほど普及しませんでした。

 

このため、日本でのフォックス使用の歴史は比較的浅いと考えられます。

 

日本の毛皮産業の歴史に転換点が訪れるのは日清戦争、日露戦争の時です。寒冷地での軍需用に毛皮が求められたため、養殖業者が増加しました。とくに北海道ではフォックスやミンクの養殖が盛んになります。

 

戦後もファッション用として需要があるため養殖事業は続けられましたが、安価な中国産のフォックスが輸入されるようになると価格競争に勝てず下火になります。

 

種類ごとのフォックスの特徴
柔らかくバリエーション豊かなカラーが特徴のフォックスは高級毛皮として知られています。ここではフォックスの種類別の特徴について解説します。

 

炎のカラーが高品質なレッドフォックス
赤見のある毛色が特徴のレッドフォックスは、赤キツネの毛皮です。赤キツネは地球上に広く分布し、南米以外に多くの生息地があります。

 

ユーラシア大陸の北部や北米ではキツネと言えば一番身近であるのがこの赤キツネです。
日本国内では赤キツネが唯一自然分布しているキツネであり、日本人が”きつね”と呼ぶ場合にはこの種類を指します。

 

レッドフォックスと呼称する通り、毛皮のカラーが褐色で赤っぽいのが大きな特徴です。レッドフォックスの品質は生息地により異なり、特に良い品質の場合は鮮明な発色で赤味が強いオレンジカラーであることが特徴です。
カムチャッカ産のファイヤーフォックスはその名の通り火を思わせる赤色で高品質であることが知られています。

 

シルキーなブルーフォックスの特徴
スカンジナビア原産が多くを占める青キツネからとれる毛皮がブルーフォックスです。
ブルーフォックスはシルクのような毛質であることが特徴で、手触りが良く衣料用のマテリアルとして採用されることの多い毛皮のひとつです。

 

毛色は淡いグレーで発色がうすい特徴を持ちます。また染色しやすいことも特徴となり、これを活かすことでバリエーション豊かなカラーの表現が可能で、多くのファッションアイテムの装飾に使用されています。
またシャドーフォックスと呼ばれるものもブルーフォックスのひとつで、自然色である淡いグレーよりもうすい色をした毛皮のことを指します。

 

リンクス

 

リンクスは古くから人気の毛皮
リンクスはかつてはユーラシア大陸から北米大陸にまで広く生息していました。
このため、利用の歴史は古いと考えられています。

 

特に寒冷な気候のヨーロッパでは冬場は毛皮で暖を取っていました。
リンクスの毛皮も盛んに用いられたことでしょう。

 

16世紀にシベリアに領土を拡大したロシア帝国は、この地で獲れた毛皮を積極的に西欧に輸出しました。
リンクスの毛皮も重要な輸出品の1つでした。このように、その毛皮はロシア帝国拡大の歴史に関わっているのです。

 

また、リンクスの毛皮は植民地開発の歴史にも大きく関わってきます。
高い値段で売れるその毛皮を求めて北米に進出する人が跡を絶ちませんでした。

 

17世紀末のイギリスではリンクスの毛皮はカナダ貿易の主力商品だったと言われています。

 

乱獲による絶滅
取引商品として人気があったため、リンクスには暗い歴史もあります。
ヨーロッパでは早い段階から捕獲が行われていたため、絶滅した地域も多くあります。

 

例えばドイツでは1850年にはリンクスが絶滅したと伝えられています。
お隣のフランスでは1900年頃に絶滅が確認されました。

 

なお、両国とも現在ではバイエルンの森やピレネー山脈で再導入が行われており、リンクスの新しい歴史が始まっています。
このような歴史の反省から、リンクスの毛皮の取引には規制がかけられるようになりました。

 

現在はワシントン条約で取引が規制されています。

 

リンクスの毛皮の現在
現在ではリンクスの取引には厳しい規制がかけられています。
野生のリンクスは基本的に取引ができません。

 

養殖されたものについては、取引にあたってその旨の証明書を付けることが義務付けられています。
これはヨーロッパで絶滅した歴史がある以上、仕方のない事です。

 

このためリンクスの毛皮は非常に希少なものとなっており、高値で取引されています。
長い歴史の中で人気のあった毛皮は現代においても根強い人気があるのです。

 

リンクスの特徴
リンクスはオオヤマネコと呼ばれる耳の先端の長い被毛が特徴的な野生ネコの毛皮を指します。
オオヤマネコはピレネー山脈やアルプス山脈などのヨーロッパやカナダの森林地帯などの北米、シベリアの太平洋沿岸地域からヒマラヤ山脈などのアジア北部に広く生息しています。

 

かつて縄文時代や旧石器時代には日本国内にも生息していたとされます。
リンクスはオオヤマネコが多く寒冷地に生息していることからも、その毛皮が寒さに非常に強い特徴を持つことで知られています。

 

リンクスの中ではリンクスキャットと呼ばれる小型のオオヤマネコの毛皮素材が特に高級品として扱われる特徴があります。

 

希少価値のあるリンクスの最高級品の特徴
リンクスは、斑点模様のより鮮明で美しいものに毛皮素材として高い価値が付く特徴があります。
リンクスキャットはリンクスと比較してやや短毛ですが斑点模様がより鮮やかに見られるため高級毛皮素材として、コートやケープなどのマテリアルによく採用されています。

 

また白い部分(腹部の毛皮であるため)が特に多く使用されているものが最高級品として扱われています。
ソフトで触り心地が良い特徴も、世界中のラグジュアリーに愛されている特徴のひとつです。

 

現在では希少であるため価値が高く、リンクスは大変高級な毛皮素材となっています。

 

毛皮買取で知っておきたい知識②

【ブランドについて】
毛皮は種類だけではく、ブランドによっても相場が変動します。

 

タグがついているものであれば、どこもブランドのものなのか確認してみることをおすすめします。

 

〇サガ・ファー
フィンランドの団体で、厳しい品質検査をクリアしたものに付けられます。
毛皮の種類によって【サガミンク】【サガフォックス】など、ネームタグが変わります。
中でも最高品質だと認められたものには【サガロイヤル】という称号が与えられており、内側に別【サガロイヤル】というタグが縫い付けられています。

 

〇エンバ
日本のブランドなので、日本人には馴染みのあるブランドです。人気があり、高品質なので、比較的高値で取引されています。

専門ブランドでなくても、有名な高級ブランド(フェンディ、シャネルなど)は、高値がつきやすいです。

 

また、ブランド品でなくても、毛皮には価値がありますので、一度査定されることがおすすめです。

 

毛皮買取で知っておきたい知識③

【買取相場について】
買取相場は一概に言えるものではなく、先ほどのブランドや品質、状態で大きく変動します。

 

また、買取時期やその時の流行にも左右されるものなので、とても流動的です。

 

また高級な毛皮でも、状態が悪ければ相場以下の価格になることも多いので、その点は注意が必要です。
ここではブランド品・ノーブランド品に関わらず、一般的な相場をご紹介しておきます。

 

〇ミンクの相場

ハーフコート 1000円~30000円程度
ロングコート 10000円~50000円程度
小物類 5000円~20000円程度

 

〇ロシアンセーブルの相場

ハーフコート 10000円~100000円程度
ロングコート 10000円~300000円程度
小物類 5000円~60000円程度

 

〇チンチラの相場

ハーフコート 10000円~100000円程度
ロングコート 10000円~200000円程度
小物類 5000円~50000円程度

 

〇フォックスの相場

ハーフコート 1000円~20000円程度
ロングコート 5000円~40000円程度
小物類 1000円~10000円程度

 

ある程度の知識を持っていれば、極端な業者(有名ブランドのロシアンセーブルのコートが10000円など)に騙されて損をすることはなくなるでしょう。

 

毛皮買取ショップ【厳選】|毛皮を高く売るおすすめのお店まとめ

毛皮買取をお考えなら、近くのリサイクルショップより、毛皮買取専門店を選ぶ方が得策です。

 

近くに店舗がなくても、今は電話1本で、日本全国いつでもどこでもサービスを受けることができます。

 

「ネットの業者は心配…」と思われる方にも、安心してお使いいただける毛皮買取ショップを厳選してご紹介しています。

 

数ある毛皮買取ショップの中でも、一番のおすすめは「福ちゃん」。

 

毛皮を専門としているので、確かな知識を持つ査定員がいます。また、毛皮高額買取実績も多数で、問い合わせ数も業界トップクラス。

 

女性客には、女性査定員を指名できるという制度も、とても安心です。

 

余計な手数料は一切かからず、キャンセル料も無料なので、気負わずに買取相談することができます。

 

クーリングオフ制度をはじめ、アフターフォローも万全!
プライバシー管理には特に力を入れているので、とても信頼できます。

 

365日・24時間受付しているので、「毛皮を売りたい!」と思ったときにすぐ相談できるのも魅力です。

 

毛皮買取おすすめ|毛皮を高く売るお店ガイド

 

福ちゃんは毛皮を専門としている会社なので、確かな知識を持つ査定員がいます。

 

また、毛皮高額買取実績も多数で、問い合わせ数も業界トップクラス。

 

余計な手数料は一切かからず、提示された金額で納得がいかない場合はキャンセル料も無料。なので気負わずに査定することができます。

 

また事前に「電話相談」もできるのも魅力。もし査定に迷ったら、先に電話で相談すると、丁寧に応じてくれます。

 

アフターフォローも徹底していて、お客様ファーストを心がけている会社です。

 

毛皮以外にも着物や時計、ジュエリー、ダイヤモンドなどの宝石、貴金属なども査定してくれます。

 

福ちゃん 会社概要

運営会社 株式会社REGATE/REGATE Inc.
事業内容 リユース事業、WEB事業
本社 大阪府
詳細

・クーリングオフ制度をはじめ、アフターフォローも万全!

プライバシー管理には特に力を入れているので、とても信頼できます。


・事前の電話相談にも対応しているので、「この毛皮売れるのかな?」と思ったときに、とりあえず相談できるのも魅力
・お客様ファーストがモットーの買取店
・ネーム入りや色褪せした毛皮も買取
毛皮には多くの年月を共にし、思い入れの多いものもあるかと思います。

大切な毛皮を買取に出すのなら、気持ちよく、満足のいく取引がしたいですよね。


厳選した毛皮買取ショップをご紹介しているので、あなたの「毛皮を売りたい気持ち」にぜひお役立てください♪

福ちゃん公式サイトはコチラから

 

 

人気毛皮買取ショップ紹介

 

毛皮を買い取ってもらう方法について


毛皮の種類と買取価格 毛皮ブランドと買取価格 毛皮買取方法の種類

今一番高く売れる毛皮の種類は?

ブランドによって買取価格はどう変わる?

買取方法によって変わるお店選びとは?

 

ページの先頭へ戻る